<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Jinmenusagi と COASARUのアルバムが発売しました。


本日は地元のレコード屋、Kosmos aphroditaにCOASARUでご挨拶に行きました。
ちょうど、僕の作品を購入しに来てくれたお客様に遭遇!
サインを書いてしまいました。初コアサルサインです。
すごく嬉しいっすね。目の前で売れて行くのを見ると。しかも二人も買ってくれた!
地元!ありがとう!!近日、静岡タワレコにもご挨拶行きます!

Jinmenusagiの方は都内で挨拶回りして来たみたいです。
けっこう、ポップ書いて来たみたいです。
AmazonではJinmenusagiもCOASARUも在庫切れになったり
Jinmenusagiのアルバム、売切店が続出していたりと。
これまた、嬉しいです!!

同時リリースってすっごく体力を削る事を知り、「もうやらないだろう。。」
って思っちゃったりするけども、twitterとかでLHW?のこと、JinmenやCoasaruのこと
についての声を読んだりすると凄く励みになります。(鬼RTしたかったけど我慢!)
今回は何だか感極まって、ちょっとだけ疲れて今、死んでます。汗。

最後におすすめのCDのジャケットを載せときます。















Jinmenusagi 2.5D関連イベントライブ出演後記。


2/1 「俺達に明日はない!?」at 2.5D 池尻大橋
2/2 「SR3 サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者 EVENT」at 渋谷WWW

2日間連続でJinmenusagiが出演しました。
この2日間、どれも、自分が思っていた以上の力を出し切ったんだと思います。
2/1のギャラでLHW?のレーベル仲間の作品を買ってた時は親の気持ちになって
泣きそうになった、彼はすごく優しく強い男だと思います!
そんな風景を神様が見ていてくれたかの様に
2/2の渋谷WWWにてMCバトルに見事に優勝。
東京NO.1 SOUL SETのBIKKEさんにもご挨拶。
今日の朝、Amazonを開いたら瞬間ランキングですが、
ヒップホップ部門ランキングで13位を記録してました。
凄いと思います。


僕はずっとライブで魅せてくれる新しいアーティストを探してました。
僕は彼にその可能性をひしひしと感じてそのことを伝えた事があります。
不可思議/wonderboyがアルバムを発売するまでの経緯を見て来た僕が
本当に強く思うんです。きっとね不可思議/wonderboyが背中押してるみたい。
そんな気もします。
僕の異常な無茶ぶりさえもwonderboyもusagiも「やります」のまっすぐな返事だった。
約束も必ず守って、みんなを思って、すんげえ優しくて。
そういう男が音楽で未来を切り開いてくれる事を僕は楽しみにしてます。

発売までもう少し、どうか皆様、暖かく彼を支えてやってください!!











地元静岡のスケボーショップ「TRICK★S」に遊びに行きました。
僕の地元は静岡東部の沼津というとこなのですが、沼津は密かに素晴らしい
カルチャーがあります。街自体は元気がないんですけどね。。
色んなアーティストさんが静岡東部出身です。
DJ KEN-ONEさん、DJ hondaさん、Mo'waxのMajorForceのK.U.D.Oさん
Jazzin'ParkのSingoさん、Cradleorchestraの石井あやさん、
re:plusさん
などです。
まだまだ沢山います!胸を張って尊敬できます。
だからこれからも色んなアーティストが世に輩出されると思います。

今日は地元のスケボーショップ「TRICK★S」に遊びに行きました。




LIBE 関係のグッズが充実しとりました。
この日はEeMu「Nothings」を店内BGMにして頂いてました。
オーナーさんは女性の方なんですよ。




この壁では月に一度、地元のグラフィティや写真家などの展示が
展開されてます。




鉄コン筋クリートのクロのグラフィティ。
かっっこよすぎです。シロバージョンは湘南の海の家にあるそうです。




TRICKS
静岡県沼津市通横町18



たまには地元散策もいいですね!
それでは!













不可思議/wonderboyのこと


昨日は不可思議の墓前で色んなことを報告をしてきました。
あの場所から見る夕空がすごく奇麗で何だか彼がすぐ近くにいるように感じました。
この景色を一緒に見ている感覚になったというか。
あいつは死んじゃったけど
「お前の作品はまだ走り続けているんだよ。このまま突っ走ろう」
って言ってあげました。
ああ、なんか自信なさげに頷いてる。笑。

POETRY FESが行われてからの一年、僕は彼が望んだ事を
ただ実現して行くためだけに僕は今も走っています。

僕も彼も荷物が少し軽くなった時にやっと「さようなら」が言えるんじゃないかなって
そう思ってます。

SSWS & Marimba


SSWSの決勝トーナメント。MOROHAくんを応援に行ったつもりが
審査員をやることに。。
なんだか評論できる立場じゃないのですが、やるからにはしっかりと
ジャッジしました!
僕はこのメンツの中でも灯汰くんが非常に良かったです。リズム感すごくあって
言葉を切り裂いてた。久しぶりにドキドキさせられました。
初めてのSSWSでしたが、すごく言葉の世界に浸る事が出来ました。
感動です。
マサキオンザマイクさんの司会もあったかい!!
MOROHA優勝おめでとう!!!!




そしてParanel名義での全国盤アルバムも制作開始。
マリンバ奏者のIwaki Senda氏と楽曲を構築。マリンバ、初めて見たんだけど
すごく大きくてびっくり。しかも音が心臓にまで響く。
木ってやっぱすごいなー。



色んな種類があった。見てるだけで楽しいです。

クラシックの世界についても色々話しました。なかなか勉強になります。

僕の渾身のアルバムのタイトルは「タイムリミットパレード」

今年は自分のことにも一生懸命になります。