<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

COASARU 「解毒」発売。今の気持ち。


COASARU 4th Album 「解毒」が発売されました。
今回参加された客演陣は 灯汰、Jinmenusagi、A.Y.A、Madogarasu、c-h、MC COBRA、Kuroyagi
ろはに、今村怜央(The John's Guerrilla)、GOMESSとLHW?メンバーで揃っています。

トゥー(飼い猫が重病)のために頑張らなきゃと短期間で形にした割には今作がいちばん僕の100%でした。
稼ぐために必死になったのかもしれません。

作るのは楽しいです。ほんとに。今はLHW?のメンバーは理解をしてくれてて
僕の製作の時は誰も邪魔しません。製作に集中させてくれます。
だからフルスロットルのイマジネーションが展開できます。
「解毒」は久しぶりの僕の傑作なんです。自分で言うのもあれですが。

ハイライトはJinmenusagiの「みざる きかざる いわざる こあさる」
これはDAOKOの「メギツネ」のリアレンジですね。聴き比べてみてください。楽しいですよ。
あとは見知らぬメンツ「c-h」さん「MC COBRA」さんですね。
デモをいただいた際に一緒にやりたいなって思った二人です。

MVになったろはにくん、存在感バツグンです。撮影もかなり大変でした。
再撮で佐賀からろはに君を読んだり、チョーさんやCHiNPANさんの手を使わせて頂いたりと贅沢。
このMVは「女の恨みで男が殺される」というお話なんですが、「メギツネ」のアップデート版に
なる感じで作りました。これ、撮影機材とか一切費用かかっていなくて、すべて自宅(事務所)で撮影と
かなりD.I.Yなんですよ。カメラは何を使ってるかは内緒ですが!やればここまではできちゃうんです。


《MV》COASARU - 1000 / 窒息 feat. ろはに

さらに初めて漫画を描きました。初めてのスクリーントーン。緊張して震えました。
漫画と音楽が連動しているなんてしかも本人が描いちゃうなんて前代未聞でしょう。そうでもないか。
内容は「天文学者たちが作った毒によってアンドロイドたちが死滅していく」というお話。
16Pも満たないのですが、ぜひ読んでくださいね。
また漫画描きたいです。だれか連載.....


ということですごく達成感。
次のアルバムはきっと豪華になるかもしれない。そういう妄想をしています。

COASARU 解毒
itunes
https://itunes.apple.com/jp/album/jie-du/id1095257048
LHW? MARKET(特典 : 漫画原画一コマ)
http://lowhighwho.cart.fc2.com/ca2/270/p-r-s/



僕は変わらずにこうして自分が面白いって思えるものを作ります。
流行りもよくわからないし、真似事は疲れるし、戦略とかもよく分からないです。
ただ、想像力や表現で圧倒したいし、人に寄り添いたい。ただそれだけなんですよね。
だからお金もないし、権力もありません。でも充実はしてますよ。
どの分野でも広告に支配されない100%の表現力は感動と尊敬です。
そういう人たちがいるから励みになります。
僕もそうなりたいのです。
だからそういうんじゃないですよ。何かを成し遂げるとかじゃないんですよ。
変わらずに100年くらい居続けたらもうかっこいいじゃないですか。
そういうことなんです。

それでは。


Paranel











 
2016年スタートのリリースはRyuuta Takakiの初作!

《1/13 本日発売です!》



Ryuuta Takaki - Sink into The Midnight
 

「聞けば聞くほど抜け出せない。ここは分厚くて冷たいどこか。」

彼のその目で見てきた「人」にフォーカスをあてたRyuuta Takakiの初作がリリース。

人間の内面に潜む「冷たい暴力を再現」ミニマル、そして現代建築のように佇む美しいビート音楽達。
人間の感情を血流として蠢く東京という怪物。リアリズムに潜む少しばかりの抽象が振動とともに鳴り響いている。
360度3次元的に音に囲まれるような錯覚。聞けば聞くほど埋もれていく。分厚くて冷たい。
ダブや、ヒップホップ、アンビエントやチルウエイブなど若くして手にした彼のセンスフルでフラジャイルな世界が産み落とされた。
LOW HIGH WHO?が2016年第一弾として放つ、インストゥルメンタルアルバム強力盤だ。

1 Apathy
2 Explosion
3 Alphaville
4 Stellar
5 Butterfly(Slave of Beast)
6 Pain
7 Lamp
8 Overdose
9 Inside Violence
10 Ghost and Sensual Drink
11 Reddish Blue
12 Debris of Unconscious
13 Bullet
14 Rise

LHW?MARKET
http://lowhighwho.cart.fc2.com/ca2/257/p-r-s/
itunes
https://itunes.apple.com/jp/album/sink-into-the-midnight/id1073831214
 

11/14昼 YAMANE & Paranel 大阪でライブがあります。

ベストアルバムの発売発表があったばかりですが
さらに、さらに!

僕ParanelとYAMANEで大阪の江之子島文化芸術センターにてライブがあります。
以下、概要になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11月14日(土)15時から16時15分まで、江之子島文化芸術創造センターで、
LOW HIGH WHO?がliveし、また、インタビューを受けます。

15:00から30分間のliveは観覧自由
15:45から30分間のインタビューは予約制です。

liveは、Paranel、YAMANE、の2人で行います。

インタビューの概要は、下記のとおりです。
LOW HIGH WHO?の紹介
△海譴泙任粒萋阿両匆
今後の活動の紹介

音楽以外に、絵画、詩、映像での表現活動をするLOWHIGHWHO?の多様性さに、インタビューアーは、現代美術性を感じおり、インタビューを行うことで、現代美術の周知や、芸術の可能性の模索をしたいとのことです。

liveのみ、又はインタビューのみの参加でも可能です。
参加される場合は、下記のアドレスに、〇臆耽与堯↓∋疚勝↓インタビューの企画に参加するかしないかを、ご連絡下さい。
marron.chantilly@gmail.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とても貴重な体験です。ぜひ、足をお運びください!



Paranel


 
LHW? 2015 ARTISTS
2015年、新アーティストの発表です。



A.Y.A
本場のUSシーンさながらのiカッティングエッジな音楽性が魅力のSSW。
現在は都内のCLUBを中心に音楽活動を行う他、日本の 女性SSWとしては初となるDLミックステープをリリースする等、インターネット上での動きも活性化させている。「Lana Del Rey meets Grimes」と評されるセクシーでアンニュイな歌声とキッチュなラップ、そしてガジェットを駆使したライブパフォーマンスも好評。
2013年からはファッション誌NYLONのブロガーに就任。ファッションアイコンとしての活躍が期待される一方で、豊富な音楽知識を生かし音楽ライター活動も行うなど、自身の憧れである、ビジュアルと音がしっかりリンクしたアーティスト像を目指しながら活動中。5月アルバム発売予定。

Facebook
https://www.facebook.com/ayakatakei.official

MAD / A.Y.A
http://youtu.be/PFA7EeUbkLY



ろはに (詠み人知らず)
1989年生まれ 佐賀在住
八百の嘘をついた後の人
 
Facebook
SoundCloud


naclear
大阪在住の20歳の若きトラックメイカー。
去年から初めて音楽を学び、半年で自分の音を確立させ、Paranelを驚かせた。
daoko「BOY」のMVに主役出演もしている。
今年、アルバム制作中。




Nej
10代から名古屋でDJ、トラックメーカーとして活動。呂布カルマの4thアルバムにもトラックを2曲、JET CITY PEOPLE関連作品や県内外に楽曲を提供。GOMESSの1stアルバムにもスクラッチで参加。高円寺あたりのモダンなラップクルーMidnight Lobster のMCとして活動するなどアクティブな男子。夢はネコを飼育すること。

[PV]DJ Nej - 下世話(original) feat.呂布カルマ
http://youtu.be/yjJDZJ-sx7Q

[PV]Midnight Lobsters - moment pro.Nej
http://youtu.be/SlRHu7_I8Uo


bOOo
1986年生まれ。岩手県出身、在住のラッパー。
14歳の頃初めてアコースティックギターを手にし、路上ライブを始める。その後16歳の頃からラップを始め、現在に至るまでほぼライブのみの活動をしており、これまでまとまった音源のリリースは無い。




そして女優さんもLHW?に所属します。


伊澤恵美子

映画『子宮に沈める』主演、全国公開中
PV Paranel「偽る」,  EeMu「taboo」,   daoko 「メギツネ feat. PAGE, GOMESS」に出演
Jinmenusagi LXVE 業放草にて、彼女役で声優として参加
小学館「
precious10周年スペシャルムービー“SKY FASHION SHOW feat.gucci”
日タイ合作映画『アリエル王子の監視人』主演(2015公開予定)
玄光社MOOK「大人のカバンの中身講座」
『知らない町』東京国際映画祭スプラッシュ部門正式出品
文房具に造詣が深く、「文具姫」として雑誌、テレビ等に多数出演。
教育にも関心を持ち、立教大学や高校、小学校などで演劇を使ったワークショップのアシスタントとして活動している。

わくわく都市くまもとのメインキャラクターに

http://wakuwaku-kumamoto.com/cocoro/

facebook
https://www.facebook.com/izawaemiko




製作陣、芸術家等、アート関係は随時追加して行きます!!
今年もLOW HIGH WHO?よろしくお願い致します。

LOW HIGH WHO?



 
【報告】LHW?解体とメンバーの脱退について
11/15 Jinmenusagi & DubbyMaple リリースパーティにお越し頂き、ご覧頂き
ありがとうございました。感謝感激です。
トーク中に発表しましたニュースについて、僕の方から正式にここで書かせて頂きます。



「Jinmenusagi 年内一杯でLHW?を脱退、自身によるインディペンデントのレーベル設立へ」
彼は音楽で食って行くと腹をくくったのでその覚悟はすごくかっこいいと思います。
音楽は売れないからと避けるべき傾向の人たちを一蹴してほしい。夢と現実をしっかりと持つ表現者は
尊敬します。今後も陰ながら応援とサポートしてあげたいです。

「daoko 2015年のニューアルバムをリリース後LHW?を脱退、以降は未定」
SNSなどで間違った情報が拡散していますが、活動休止でも活動終了でもありません。
2月のアルバムを発売後、契約満了と共にLHW?での活動を終えるということです。
以降も音楽活動は絶えません。

みんな、家族のように思えて離れていくのは少しだけ寂しいけれど、それはアーティストとして
成長しているという事なので、純粋に嬉しいです。どんな世界が待っているのか、どんな人と
出会うのか、これからが楽しみです。




「LOW HIGH WHO? 解体へ」
今年を持ちまして、現在のLOW HIGH WHO?は終了。来年度より、一新して再構築された
LOW HIGH WHO?となってまた活動して行きます。


1. 音楽レーベルとしての構成のスリム化(2015年は通常通りCDなどリリース、2016年からモデル変更)
2. 映像、出版を交えた総合芸術プロダクションへ
3. 音楽メンバーだけでなく、多方面からの表現者(映像作家、芸術家、俳優など)の所属 (2016年から本格化)
4. CDRなどのカタログの一部を廃盤、itunes、カセットテープの販売強化

※新旧メンバーについてはどうなるのかは来年以降、アーティスト欄をチェックして下さい。




新しく生まれ変わるのには最低でも3年はかかるかもしれません。
さらに僕自身の興味が音楽から全体の表現に変わったこともあり、まだ迷走している点もあります。
ただ、僕はまっさらな状態にしたいと強く思いました。

LOW HIGH WHO?を僕の心に宿したヴィクトルに敬意を込めて
新しく生まれ変わり、この場所で自分が良いと思えるものを作り続けます。

みなさん、いつも支えてくれてありがとうございます。
愛しています。

もう少しだけ、走らせてください。何卒、よろしくお願い致します。







Paranel







次は忘年会でみんなと思い出作りだっ!