<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< COASARU 「解毒」発売。今の気持ち。 | main | LOW HIGH WHO? 2016 新メンバーは初の2MC >>
熊本地震について
まず、今回の地震で被災された方に追悼の意を表します。

東北の震災があった時、すぐに不可思議/wonderboyから連絡を受けて
相談されました。
「僕はどうしたらいいんだろう。」
ちょうどその時作っていた「生きる」を日本に届けよう。
僕はそう言って彼の背中を押しました。
アーティストがこういった不幸の中で何かすることに対して
僕は悪も正義もないと思っています。正解もありません。
ただ、「どうしたらいいんだろう」が大事だと思っています。

当時は西の方に行くと、東北への関心の無さに辛い思いをしました。
今回の熊本地震でも関心のない方も多くいると思います。
それが悪いわけではないと思っています。
あるがままの「私たち」が大切だと思い、幸せや不幸の中で
生きることが重要だって思います。

5年前のあの日、無料配信した僕の曲を被災地から聴いて安らげたと
書いてあったことがあって、それは僕にとっても救いでした。
緊急の状況下でも音楽を聴きたい人がいる。不安をぬぐいたいと思っている人がいる。
そう思いました。
LHW?というターミナルで搭乗した皆を守りたいと思うのは
案内人の務めだと思っています。

今回、LHW?の女優として活動する伊澤恵美子さんから
「熊本の地震で、LHW?でも何かできませんか?」
と連絡が来ました。

彼女はタイと熊本の合作映画「アリエル王子と監視人」の主演を務め、熊本市PR特命大使でもあります。
僕はこの映画の音楽を担当しました。
映画のために僕は去年、熊本を訪れました。人、水、景色、食べ物、街、とても美しく元気な場所だと
思いました。好きな街です。
街を歩きながら、「Kumamoto」という曲ができました。サントラにも収録されています。
でも今ではその景色がないんです。辛いですね。言葉が出ませんでした。

僕にできること、それはまずは「音楽を届けること」です。それは表現者としての使命。
そして僕の、人としての使命は「支援」です。

熊本のために作った音楽「アリエル王子と監視人」サウンドトラックをSoundcloudにて全曲試聴可能にしました。
被災地ではWI-Fiは生きているということで、サンクラで曲を聴いていただくということがスピーディだと思ったからです。
とても元気になるようなパワフルな作品です。
それは熊本に行って僕自身パワーをたくさんもらった証。その作品を、パワーをまた熊本に、日本に届けたく考えました。

そして、今後、このサントラの売り上げは復興支援として寄付致します。

サントラは寄付目的で買わなくてもいいです。寄付は直接、コンビニでも、赤十字に直接でも出来ますので。
それでも買ってくださった方に多大な感謝と責任を持って熊本に送ります。

これからもきっと突然のことが起きると思います。防災の知識や、人を守る術を僕も学んでいきたいと思います。
皆の笑顔と未来を築けるように一片の花びらになるよう進みたいと思います。
読んでいただき、ありがとうございました。

LOW HIGH WHO? 代表
Paranel



アリエル王子と監視人 サウンドトラック 全曲試聴
https://soundcloud.com/lowhighwho/sets/by-low-high-who























 
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://lowhighwho.jugem.jp/trackback/261
TRACKBACK